7か月ぶりに23000円台を回復 嬉しい

今日の取引

なし

保有株の状況
前日比+143,450円 

あれだけ幾度ともなくはね返されてきた、23000円の壁をあっさりと超えて維持してくれました。23000円台は7か月ぶりとのことですので、2月と言えばトランプ大統領が中国からの輸入関税引き上げを準備し始めた頃でしょうか。

23000円を維持できたものの日本は3連休となりますので月曜日の海外情勢次第では梯子を外される恐れがあり幾度となく経験してきたので正直安心はしていません。

しかし今回の23000円突破は感慨深いものでありますので、素直に喜んでおきたいと思います。

保有株は主力・小型もほぼ全面高となり大きく押し上げました。地合い次第では今後かなり面白い展開が期待できると思います。

4銘柄利益確定 23000の壁は厚い

今日の取引
(買)
ナフコ 200株

(売)
新日鐵 400株
UACJ     400株
ユニバンス 1000株
オリックス 600株

保有株の状況
前日比+77,300円

前日のNY株式市場は好調でダウは26000ドルを回復、そしてS&P500とNASDAQは過去最高値を更新となり、これなら日本市場も上昇するかなと期待はしますが、現実は上手くいきませんね。

今日の日経平均株価は寄りつきから上昇して始まり、23,000円台に瞬間的に触っただけで、その後失速して前日比プラスの13.83円で終わりました。

結局23,000円という壁の厚さを嫌というほど認識させられ、はね返される度に失意に陥ります。

当面の取引については、今の為替水準が続く限り急落時以外の買いを見送るべきであると思いました。

保有していた新日鉄・UACJ・ユニバンス・オリックスを売却しました。現金比率も40%を回復し急落時に対する備えは万全となりましたので、どっしりと構えて待とうと思います。