上昇中 底から60%戻し

先週は米国の重要指標であるGDPの発表がありました。結果は予想より0.1%低い4.1%成長でしたが、個人消費は上方修正されて4%の伸びと力強い結果になっています。まさしく米国一人勝ちといった形で悔しくはあります。

この結果を受けて上昇分の利益確定といった感じでしょうか、NYダウは下落して取引を終えました。本日の日経平均株価も流れをきっちりと引き継いで、167.91円安い22,554.84でした。

明日は国内の重要指標である労働力調査(有効求人倍率、失業率)・鉱工業生産指数が発表されますので注意していきたいと思います。

保有株は地合いにもかかわらず全体的に耐えてくれているのと、有機合成薬品や中央発條といった小型株が大きく上昇したために含み損がついに2桁まで戻ってきました。中央発條は決算内容を見たところ、それほど?という内容で、チャートのうえで行ってこいにならなければいいのですが。有機合成薬品は明日決算発表ですので、新工場稼働への進捗状況に期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です