全体的に弱いが主力株に反転の兆し

なかなか厳しい相場が続いていて何かにすがりたい状況です。突然の急落も怖いですが、毎日じわじわ削られていくなかで、気づいた時には含み損がとんでもない額になっています。含み損上位の銘柄につては、全体的に上げ調子の時も少ししか戻さず急落時に上げた以上下げることがあってやりきれない気分です。

そのような中でも、今日の日経平均株価が全体的に弱い割にはTOPIXがプラスになるなど、保有株も主力を中心にちらほら上昇がみられました。6日金曜日の北京時間0時に、中国が米国に先駆けて関税を引き上げる形になるようですが、当日の晩には雇用統計の発表もあります。東京市場は乱高下する恐れがありますので、これ以上は余計なことをせずにただただ通過を見守りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です