ここまで下げるとは

日経平均株価は連日の急落で21,500円台まで下がりましたが、まだまだ高水準なので大きく下げる余地は残っています。個別株の中にはPBRが0.5~1倍台の株が以前からごろごろしていましたが、ここのところの急落でさらに下がっていますのでいずれは買いたいと狙っています。

現金収支が赤字ならまだしも、毎期堅実に稼いでる企業がPBRが0.5倍を割り込むまで売られるのはどうなのか?と疑問に思います。知名度がなく見向きもされていないだけであるなら最高のチャンスではあると思います。

有機合成薬品・ブイキューブ・あんしん保証は急落し大きく資産価値を落としていますがこれは当然の結果です。減益・減配の場合については将来性がなければ早い段階で見切ることが必要であったと反省しています。

それ以外の保有株に関しては売られすぎであると思っていて、地合い次第で必ず戻ると信じていますので今後も急落時には買っていこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です