巨額の含み損にも慣れてしまった

国外情勢の混乱や前日の海外市況の悪化で、大方の予想通りに日経平均は下げてきました。ただ今日は昨日とは逆で下げたにもかかわらず、意外と下が固くて強いなといった感じを受けました。チャート上でも5・25・50日移動平均線が接近してますが、辛うじて上昇の望みをつないでいます。

保有株は連日下げてはいるものの100万円を超える含み損が定着したので、逆に一喜一憂することがなくなってきました。ようやく新日鉄住金が反転したことは記憶すべき日であると思います。

取引では新規でマツダを買いました。マツダは米国への輸出が大きいために今買うべきではないのかもしれませんが、自動車への関税は世界を完全に敵に回すことになり米国内にも影響が強すぎるために、さすがにないだろうと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です