連日の下落 調整であってほしい

日経平均は外部の状況にも関わらず、二日連続の厳しい下げに見舞われていますが、保有株の状況もきっちり連動して含み損が拡大しています。

以前から保有割合の大きかった中央発條などをスリム化していたことが幸いし、気持ちの面ではまだ余裕をもって眺めることができていますが、今回の下落が一時的なものでないのであればなかなか厳しい状況に追い込まれるかと思います。

今後は割安で来期堅調予想の銘柄を中心に監視を継続して、押し目になれば良いですが買いのチャンスをねらっていこうと考えています。