保有株の状況 対岸の火事ではすまない?

米国はイランとの核合意を廃棄し経済制裁の再開を検討するとの発表により、原油の上昇が一段と加速してきました。WTI原油先物価格が1バレル70ドル台を付けたのは2014年以来です。米国は中東の混乱に乗じる形で石油の供給シェアと売却収益アップの二兎をしっかりと得ることができるのですね。ほんと敵に回すと怖い国です。需要家サイドは物価高に備えないといけなくなってきます。

北朝鮮の問題ではどちらに転ぼうとも中国大陸+朝鮮半島の問題では済まず日本経済にとっても重大な影響があることを織り込んでおく必要があると思います。

このような情勢から新規で買うことは考えていません。

ここまで保有株を徐々に減らすことができていて、現金との比率は50%50%に近づいています。私は心配性なため現金70%程度でもいいかもと最近は考えています。