保有株の状況 現状維持

保有株の状況

米英仏によるシリア空爆があり、ロシアによる戦略資源・先端技術の輸出を制限するなど、報復をにおわすやりとりからここ数日目立った動きはなく、不気味な状況です。日米首脳会談を控えて何が起こるのかといった緊張感もあって、新しく買うような気分になれず、現状維持のまま過ぎています。

日経平均株価はダウの大幅上昇にもかかわらず12.06円高で、TOPIXは6.24ポイント下げました。

現在の保有株はすべてが含み損で、あんしん保証とヤマダ電機は特にお先真っ暗な状態にあります。中央発條と有機合成薬品工業は私にとっては希望の銘柄ですが、あまりにも出来高が少ないために株価が振れやすく、あまり一喜一憂しすぎると精神的に悪いです。

ナフコは今日大きく下がりました。新興市場が悲惨な下げ方をしている中である程度は仕方がないと考えていますので、これを幸いに徐々に買い増していけたらよいかと思います。