保有銘柄の状況 今晩のNY市場は?

保有銘柄の状況

 

 

ナフコを100株買い増しました。今後も下がれば買い続けていくつもりです。日経平均が下げている中で、私の保有銘柄は含み損が拡大していますがここは我慢どころです。有機合成薬品は昨日までに保有数を減らせていたことで、少しは損失を避けられたと思います。中期では上がると期待しているので、300円を下回れば再度買っていこうと考えています。

米国雇用統計の発表
米国労働省発表の雇用統計の主な項目
非農業部門雇用者数は予想19万3千人に対して10万3千人
失業率は予想4.0%に対して結果4.1%
平均賃金予想0.2%プラスに対して0.3%プラス

雇用者数は予想よりも大きく下回り、ドル安・先物安で反応していましたが
現在は少し落ち着きを取り戻しているようです。一時的な下振れにおさまればよいのですが、トランプ大統領が中国に対してまたケンカをふきかけてみたりと予断をゆるさない状況はつづきます。

でも、もうそろそろ市場は慣れっこになるころかな?
本格的に実体経済に影響がではじめるとさすがにまずいですが。

 

 

 

保有銘柄の状況 なぜ上がるのか分からない

保有銘柄の状況

 

 

 

ナフコを買いました。100株でとりあえず様子を見ながら、買い増していこうと考えています。

昨晩中国による報復関税の発表をうけて大きく下げて始まったNYダウでしたが、朝起きて恐る恐る確認したところなぜか大幅プラスになっていて驚きました。

そしてはじまった日本市場も順調に上昇し325.87円高の21645.42円でした。
外部環境がよければこのまま50日平均線を超え、上昇トレンドにもどってくれるでしょうか?期待しています。今晩の先物はながれをひきついで上昇していますが、明日朝起きたら大幅マイナスになっていないか心配です。

 

 

保有銘柄の状況 中国も同額の報復関税

保有銘柄の状況

 

 

有機合成薬品工業を追加で売却し現金を確保しました。
ここ連日下がるとすぐに買いが入って戻るといったぐあいで、うえに大きく上げそうな予感がしていますが、この地合いでどこまで踏ん張ってくれるか、様子をみて300円を下回れば再度買い増すことも考えようと思います。

中央発條・ブイキューブは、ぼちぼちですが、あんしん保証・ヤマダ電機は下げてます。大きく跳ねるのではないかと、楽観的になりすぎてずるずるときてます。

 

午後の中国財務省の発表をひかえるなか、香港ハンセン・上海総合は時間中に大きく下げました。発表を受けてNYダウ先物は現在も-400ドル程度と下げています。
アメリカ製品106品目に対して25%の報復関税を課すとのことで、規模は同額の500億ドル相当になることが明らかになりました。アメリカの農産物への影響は相当なものにならないのか?今後トランプ大統領がエスカレートして何を言い放つか心配です。

 

 

 

 

保有銘柄の状況 おもったより弱くない相場

保有銘柄の状況

 

 

 

朝起きてNYの状況を確認したらダウは-458ドルと大幅安で、これはあかんとあせりましたが、日経平均は想像以上に下がらず、徐々に値を戻す展開となりました。保有銘柄も昨日から変わりなくほっとしています。

あいかわらずトランプ大統領の過激な煽りによって振りまわされる状況が続いています。新規で買うには難しい状況であるので、内需を中心に安く買えるタイミングを探っていきたいと思います。

今日ナフコ(2790)に買い注文を入れましたが、買うことができずに失効しました。今日は時間中1781円まで下げましたので明日以降も狙っていきたいと考えています。

 

保有銘柄の状況と今日の相場

保有銘柄の状況

 

 

今後のために有機薬品工業を少し売却し現金を増やしました。

ブイキューブはここのところ上昇しています。今期は大幅な赤字になりますが、来期は久しぶりの黒字転換を見込んでいますので、期待する買いが集まっているのでしょうか?様子を見たいと思います。

あんしん保証は、営業利益の下方修正を発表しました。
この株価でも割高な状況ですので300円を割り込むとなると厳しい状況です。
動くに動けません。

中央発條は下げています。流動性の少ない銘柄はこのようになりますね。
こんなところで売っても仕方ないと思うのですが、株価を下げたい方々がいらっしゃるのではないでしょうか?下がれば私は買い増します。

 

今日の相場
先週のNYを引き継いで上昇して始まった日経平均株価ですが、後場の引け間際に失速し、前日比65.72円安い21388.58円でした。

またしても25日平均線ですか…
なにがなんでも上げさせたくないのでしょうね?
とても上が重たく感じます。

 

 

 

 

今週は重要統計の発表が相次ぎます

新年度に入りました。まず含み損をどうにかしないといけないですが、4~6月期も利益を確保できるようにこつこつ頑張っていきたいと思います。

さて今週は、明日2日の日銀短観をはじめとして、6日金曜日の米国雇用統計まで気が抜けない週になりそうです。このところの世界情勢の急変が今回の日銀短観への反映に間に合っていないのではないかと思いますが、先行きに関して予測することが大変難しくなりそうです。

このままの円相場ですと来期の業績予想は下方へ修正される企業も出てくるのではないでしょうか?
影響が指標にどのようにでてくるのか見てから、慎重に動くようにしていきたいと思います。

保有銘柄の状況 

3月30日時点の保有銘柄の状況です

かなりの含み損を抱えており、損切もふくめて選別を進める予定です。

ブイキューブはようやく来期黒字転換予想とのことですが、テレワークと働き方改革に飛びついたタイミングを間違えたと反省しています。もうすこし我慢します。

あんしん保証は買ってからずっと右肩下がりです。割高な株は流行が廃れば自然と適正株価に戻ろうとするのでしょうか?こういった取引は今後しないようにしないと、と反省しています。

中央発條はトヨタが筆頭株主で主な販売先です。順調に売り上げを伸ばす中で、コスト低減・ムダ取りを進めていくようで、営業利益率も上がってくるのではないでしょうか?PBRも0.4程度と低く今後に期待しています。

有機薬品工業は今期設備投資などの関係で減益とのことですが、来期は増設効果が見込めるとのことで期待しています。