急落からの反発

朝方から日経平均は下げて始まったものの、20347円で下げ止まりました。その後はじりじりと戻しはじめ後場に上昇に転じ20,766.1で引けました。市場は、急落のパニックから落ち着きを取り戻したもののまだ油断はできず、今後もキーワードに敏感な相場には変わりありません。20000円の攻防は近いうちにあると想定し備えたいと思います。

最近の値動きの激しさは、アルゴリズムを利用した超高速売買が一因とのコメントがありました。個人投資家であればこそできることですが、急変動によって格安になった優良銘柄を拾う戦略で利益を積み上げていこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です