台風21号の影響が心配

今日の取引
なし

保有株の状況
前日比-73,650円

今日は米国市場が休場だったのと台風21号の影響もあってか、全体的に売買の少ない閑散とした状態であったと思います。保有株も値動きがあまりなく市況なりの下げ方かなといった状態です。

四国・近畿を直撃した台風21号ですが、大阪市内で最大瞬間風速45メートル以上を観測するのは1961年ぶりとのことです。高潮によって大阪湾では潮位が1時間ほどで2メートル近く上昇し、大阪の中心を流れる淀川を逆流していました。

近畿圏では暴風と高潮によって空港・港湾などの重要インフラをはじめとして各所に被害がでていて、これから詳細が明らかになってくるにつれて明日から会社の方でも対応に追われる忙しい日々になりそうです。

自宅も周辺も無茶苦茶な状態であって片付けを始めなければなりませんので、当分は投資どころではないなといったところです。

 

 

 

 

 

 

知らん間にトルコリラが怖いことになっていた

アメリカとトルコの関係はシリア紛争当時から徐々に悪化し始め、現政権でついに爆発した感じです。リラ自体はチャートでも右肩下がりで2009年には60円ほどだったリラが今や3分の1以下とは驚きです

そして昨日のアメリカによるトルコ製アルミニウム・鉄鋼への輸入関税引き上げ報道で1トルコリラ16.5円までいっきに落ちました。

トルコは、ブラジル・メキシコ・南アフリカと並んで高金利通貨としてよく取り上げられていましたし、以前は高成長国として有望とされていた気がしますが。新興国は金利が高い分とてつもないリスクを持っていることを強く認識しました。