大幅急落 一時的な調整なのか?

12月4日の取引
(信返)
新日鐵住金 500株

保有株の状況

外部環境も好調でしたので8連騰もあるのかなと期待はしていましたが、始まりから重そうな感じでありましたので新日鉄住金も売却することにしました。懸念材料は先延ばしになっただけで解決しておらず、これからも何度も解釈が変ったり蒸し返されたりすることが度々想定されるので本当に困ったものです。

信用取引に関しては、有機合成薬品を除いてすべて利益確定を完了したために今回の急落を逃れることができました。次に鉄鋼を買うとするとJFE・新日鉄共に2000円を下回ってからになるのではと思っています。