久しぶりに長瀬産業

ダウも強く日経先物が上がっていただけに上昇するものと思い込んでました。蓋を開けてみるといきなり下げてきたので焦りましたが、それでも弱さを感じなかったので少し買うことにしました。

小倉クラッチはいつか日の目を見ると信じていますがいつになりますかね。

それと長瀬産業を久しぶりに買いました。長らくお世話になっていたのですが事情により手放してからしばらくたちまして、今になり1300円台で買えるようになるとは思ってもみませんでした。1Qが振るわないためしょうがないかなとは思いますが一応は短期反発狙いです。

本当はじっくり腰を据えて持ちたい銘柄なので継続的にフォローしていきたいと思います。

やってしもたな

アメリカによる中国への関税強化の発表から中国側の応酬、そして今朝の為替操作国の認定までいっきにきたわけで、ここまでただ呆然と見ているだけでした。今日の後場に向けて戻す形になりダウ先物・ドル共に上昇に転じていますが、こういった場合には第二波がかなり大きくなることがあるので深追いだけはさけなければいけません。

保有している個別銘柄は流動性が低く売るに売れない状態にありますので、持ち続けるしかないわけです。幸い業績はそこまで悪くないので地合い次第では戻すと思うのですが、実体経済の悪化に伴いこの株価が固定してしまわないか心配です。

2019年7月の損益 7か月ぶりの2桁マイナス

久しぶりの2桁マナスを出してしまった。レンジ相場にもかかわらず短期での利益を取りに行ったところ、想定を超えて逆方向に振れたのに損切をしなかったことにある。ダブルインバースで下方向への損失を一部相殺できたことは良かったが、それを超えて損失を出してしまったことはかなり痛い。

8月に入ってすぐに米国による中国への追加関税が発表されて市場は動揺しているが、今後実体経済は輪をかけて悪化していくものと考えられために日経平均株価が上を追うことは限定されるのではないか。ブリグジット・日韓関係・消費税引き上げとネガティブ要因が多いので、今後の取引に関しては余計なことをしないように注意していきたい。

2019年6月の損益 配当に助けられて2桁維持

6月は米による対中関税の引き上げに始まり、メキシコとのNAFTA・難民問題などごたごたが報道されるたびに振り回される苦しい月でした。売却益と変わらないだけの損失も出しましたので差し引きで若干の利益が残りました。6月の配当の受け取りにより20万の利益を確保することができました。

20万というのは残業0の場合の手取りに相当します。会社に頼らない生き方をしていく上で重要な意味のある数字です。今までは働き方改革による残業激減をカバーすることを目標にしてきましたが、次の目標としてこの20万円を死守することを考えていきたい思います。

日経平均が強くてインバースの損失拡大

米中貿易戦争のからみで下げ続けていた相場が、G20の無風通過で戻す形となっています。しかもNYは史上最高値を更新し続けている中でなぜか利下げ観測?ということで難しい局面です。

相場は堅調でも問題の解決に向けて何一つとして進んでおらず、この先ブリグジットと日米通商交渉が待っています。私は下げると見てインバースを買い込んでいましたのでかなり含み損を抱えることになってしまいました。もう少し我慢してみるつもりですが上に振れちゃうとさすがにまずいな。

地銀のPBRはえらいことになっている

長期金利の下げが世界的に進んでおりますが、株価の安定から取り残される形で銀行株は右肩下がりです。特に地銀はえげつない売りにさらされており、一部の銘柄はPBR0.2倍という訳の分からない指標がでています。地銀は今後再編が進むものと考えていますが、山口FGのように銀行の枠を超えた形で収益の拡大策を考えているようなところはこの機会に買っていきたいなと思います。

現在はレンジ状態でどちらに振れてもおかしくない局面ですが、私は弱くなる方向にいくと考えていますので、インバースは保有していきたいと思います。

売ったら上がるのきつい

6月10日 日経平均株価 21,134.42 △249.71

トランプ大統領のメキシコに対する関税うんぬんで下げてたやつが、一転して撤回とのことで戻すという茶番に振り回されてしまいました。急落で買った銘柄を先週末に売却したので上昇の恩恵を受けられなかったのが悔やまれますが、関税が引き上げられていたことを思えばこうするしか仕方なかったことと諦めます。

結局振り回しただけで現状の問題はなにも解決していないので、今後も振り回されて疲れていくのかなとうんざりです。

久しぶりに日足の日経平均株価を見てみると、この戻り方に怖さを感じます。50日平均線まではふわっといくのであれば深追いせずに売りから入りたいと考えています。