2018年9月の利益 満足できる数字

2018年9月の損益結果

今月の利益額は久しぶりに大きな数字となり、満足のいく結果になりました。

月初めはアメリカによるNAFTA交渉のごたごたで始まり、対中関税の引き上げと続いて世界同時株安に見舞われました。正直気分は最悪でしたが、その最中に積極的に買っていくことができたことが後半の株高局面での利益につながったと思います。

しかし好調な利益とは裏腹に、相変わらず塩漬け状態の保有銘柄が複数あります。市況の回復で含み損は確実に減少してきていますので、頃合いをみて損切を進めていきたいと思います。

今年も残り3か月になりますが、国内外で政治日程が目白押しということで大きく動くことが考えられます。

現金比率50%以上を維持しながら大きく買いに動くことは極力控えて、急落局面のみに買いを入れていくように心がけたいと考えています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です