下げ止まらず 踏み抜いてしまったか

12月10日の取引
なし

保有株の状況

今後は現物取引のみ記録し続けようと思います。NISAはほとんど売り買いしないので取引時点で記載することとして、信用取引は流動性の低い銘柄も頻繁に繰り返すことが多いので、日々の公開はせずに月次損益で結果について簡単に触れることにしようと思います。

現物保有株ですが、有機合成薬品は業績の悪化から減配となり株価は右肩下がりで推移していました。さらに、ここにきて下げ幅が拡大しています。ここまで下げれば売っても一緒なので慌てても仕方がないとは思っていますが、まさかここまで下げるとは思っておらず驚いています。何度か反発のタイミングで売ることも考えながらできず、ずるずると来てしまったことは反省すべきところであると後悔しています。