全面安で含み損が拡大

今日の取引
なし

保有株の状況

日経平均が600円を超える下げ幅となり、世界同時株安が継続しています。直近高値からの急落局面での底値を抜いてしまいましたので、とことこん下値を追う展開となるのでしょうか。心配です。

チャートでは20000円前後の月足が支持線になっているだけですので、調整は長丁場になるかもしれずここからは現物のみでの取引にしたほうがよさそうです。

信用取引の場合は6か月後に反対売買をしなければいけませんし、それまでの金利がバカになりません。

現在進行中の米国金利上昇と中東情勢の悪化が重なり、株式市場が動揺するといった悪循環に加えて、今後はイギリスのEU離脱が現実になるのかといった不安があります。米国中間選挙は来月ですしもう少し慎重になるべきでした。