大崩れ 夏休み時期は荒れる印象しかない

トランプ大統領のトルコに対する関税引き上げ表明は、市場参加者が少ないこの時期を直撃し大混乱を引き起こしています。

トルコ経済の規模は小さくはなく名目GDP8000億ドル規模でありますので、金融が脆弱になるのであれば、トルコ債を引き受ける欧州各国や個人投資家に波及することになりかねず心配しています。

今日の日経平均株価は海外市場の下落を引き継いで440.65円安となりました。今朝15円25銭まで下落したトルコリラは、現在15円台で落ち着いていますが、今後も目を離さないようにしていこうと思います。

保有株は大崩れで評価額も299,000円のマイナスになりました。UACJ・新日鉄・三菱マテリアル・オリックスを観察しながら短期での買い場を探っていきたい。