2018年8月の損益結果 

2018年8月の損益結果

8月度の損益はありがたいことに2桁の利益を維持することができました。

夏休みは例年通り閑散と急変動で難しい相場です。こういった場合には動かずにじっとしていることも大事ではないかと実感しました。

今月の税引き後の利益額は残業50時間に相当します。

業務改革と働き方の改善によって、今年に入ってから残業は平均して20時間前後で推移しています。

年間の手取りは100万円ほどの減収となる見込みで、かなり厳しい状況であることには変わりません。

今後は仕事をほどほどにしながら、運用に力を入れていくことが生き残りへの道であると確信しました。

ユニバンスを一部利益確定 

今日の取引
(売)ユニバンス 1900株

保有株の状況
前日比+61,600円

日経平均は今日こそ23000円定着かと期待していましたが、またしても戻されてしまいました。

NASDAQ・S&P500は連日最高値を更新し続けており、NYダウも26,616ドルが視界に入ってきています。為替が円安に振れると意外に日経も24000円くらいまでいってしまいそうな気もします。

保有株は特に変りもなく推移していますが、ユニバンスが連日上昇しています。売れるものから徐々に売っていって一旦リセットすることを目指していこうと思います。

ひとまず現状維持 

今日の取引

なし

保有株の状況
前日比+71,500円

前日のNASDAQ・S&P500が連日の高値更新となり米国だけが一人勝ち状態になっています。

日本市場は朝方高く始まるも午後にかけて失速し、プラスの34.75円で終わりました。出来高もまだまだ盛り上がらず23000円への道のりは遠そうです。

保有株ではユニバンスがここのところ上昇傾向にあるため、今後に期待できると思います。PBR・PERが低水準でありますが、利益がようやく黒字転換したところでありますのでこれが定着すれば本物になると思います。

先日売却したUACJは75円高・オリックスは1800円に達してしまいました。売却後に上昇するとかなり悔しいですが、意地になってここから追っていくことはやめておきたいと思います。

 

4銘柄利益確定 23000の壁は厚い

今日の取引
(買)
ナフコ 200株

(売)
新日鐵 400株
UACJ     400株
ユニバンス 1000株
オリックス 600株

保有株の状況
前日比+77,300円

前日のNY株式市場は好調でダウは26000ドルを回復、そしてS&P500とNASDAQは過去最高値を更新となり、これなら日本市場も上昇するかなと期待はしますが、現実は上手くいきませんね。

今日の日経平均株価は寄りつきから上昇して始まり、23,000円台に瞬間的に触っただけで、その後失速して前日比プラスの13.83円で終わりました。

結局23,000円という壁の厚さを嫌というほど認識させられ、はね返される度に失意に陥ります。

当面の取引については、今の為替水準が続く限り急落時以外の買いを見送るべきであると思いました。

保有していた新日鉄・UACJ・ユニバンス・オリックスを売却しました。現金比率も40%を回復し急落時に対する備えは万全となりましたので、どっしりと構えて待とうと思います。

 

保有株を一部売却 次の下落に備えたい

今日の取引
(売)
UACJ 700株

保有株の状況
前日比+111,150円

米国国務長官による訪朝延期から、拘束されていた日本人の解放と北朝鮮情勢に変化がでてきました。今後も動きがありそうで注意が必要かなと思っています。

相場の方は、先週からの流れを今週も引き継いで良い展開です。しかし売買代金が低迷している中で日経平均23000円の壁を越えられるか?ことごとくはね返されてきていますのであまり期待はしていません。

保有株はUACJとオリックスがプラスに転じました。UACJはここのところ勢いが良すぎるので少し売却しました。オリックスも飛ばし気味なので危なっかしい気がします。少しずつゆっくりと上げてくれるのが理想なのです。

日経平均が大きく崩れることになると、せっかく上昇した分を簡単に帳消しにしてくれる銘柄なので、あまり突っ込みすぎず数量の調整をしながら長く見守りたいと思います。