調子にのらないように気を付ける

12月13日の取引
(買)中央発條 100株

保有株の状況

反発からうまい具合に上がってくれましたので、300万を超えていた含み損は減少に転じました。しかし調子がよくなったときに限って要人の発言やらでダウ暴落とか良くないイメージが頭から離れません。

皆が上がってほしいと願うところで悪材料というのは下げ相場ではよくあることですし、むしろ好材料でも売られることもあるのでうかつに買い続けることだけは避けておきたいと思います。

 

V字回復となってほしいところ

12月12日の取引
(買)ナフコ 100株

保有株の状況

昨夜のNYがプラスからマイナスへと転換したのをみていたので嫌な予感がしていたのですが、東京・上海と上昇に転じ良い流れに変ったため安堵しています。

今週の下げ相場では長瀬産業を拾うことができましたし、ナフコも買うことができました。平均買い付け単価も下げることが出来つつあるので、反発からの買いがもう少し続けば利益に貢献してくれるものと期待しています。

 

総崩れ

12月11日の取引
(買)長瀬産業 300株

保有株の状況

日経平均は買い支えが入っているかもしれませんが、個別では悲惨なことになっています。過去の業績・指標などはおかまいなくパニック的な状況で、これは下げの最終局面とみていいのか悩みますが、ここからさらに機関が仕掛けて来た場合はPBR0.5倍を割る銘柄がごろごろ出だすと思います。

現実にUFJは0.5倍を割ってますので金融・保険関係を買っていくことを考えて備えていきたいと思います。

下げ止まらず 踏み抜いてしまったか

12月10日の取引
なし

保有株の状況

今後は現物取引のみ記録し続けようと思います。NISAはほとんど売り買いしないので取引時点で記載することとして、信用取引は流動性の低い銘柄も頻繁に繰り返すことが多いので、日々の公開はせずに月次損益で結果について簡単に触れることにしようと思います。

現物保有株ですが、有機合成薬品は業績の悪化から減配となり株価は右肩下がりで推移していました。さらに、ここにきて下げ幅が拡大しています。ここまで下げれば売っても一緒なので慌てても仕方がないとは思っていますが、まさかここまで下げるとは思っておらず驚いています。何度か反発のタイミングで売ることも考えながらできず、ずるずると来てしまったことは反省すべきところであると後悔しています。

 

 

甘かった まだ下げますか

12月6日の取引
なし

保有株の状況

トランプ大統領を甘くみていました。駆け引きに翻弄されっぱなしです。先延ばしといってもあくまでも要求を通すための猶予期間といったところなのでしょうか。

ずっと下げっぱなしの鉄鋼などはPERが1桁でPBRが0.5に近づいているにもかかわらずまだ落ちるとは、リーマンショック直後を思い出します。あの時も前年までは最高益で株価だけ先行して下げたので異常値が出ていたように記憶しています。

しかし急落で待っているだけでは利益が上げられないので悩ましいところですが、早まらず我慢するところなのかなと思います。